占い師として働くために

電話占いの占い師募集に応募

以前、電話占いの占い師をしていました。その前は、占いの店舗でタロットカードや姓名判断などの占いをしていたのですが、子供が出来たので自宅でできる電話占いに転職をすることにしました。もちろん、占い師として働くには募集に応募する必要がありましたし、子供がいる分電話占いは少し難しいのではないかと考えていました。
占い師の募集に合格するには、やはり占い師として経験が重視されるようです。私の場合、実務経験が長かったので、その点は印象がよかったと思います。それと、常識があることはもちろんですが、いろいろな方面の知識を持っていることと、高いコミュニケーション能力が求められます。相談相手の方に信頼されるような話術がないと、きちんとした占いをする力があっても、信じてもらえないので意味が占いをする意味がないのです。なので、私はいろいろな雑誌を読んだり、インターネットで情報収集をして、世間の感覚からずれないようにと努めていました。一番心配だった子供についてですが、電話口に子供の声が聞こえているような環境だとやはりお仕事をするのは難しいようでした。その点私は母が近くに住んでいて短い時間仕事をする分には預けてもらって構わないと言ってもらえていたので、心配することなく働けることになりました。
当時は一か八かで占い師の募集に応募したのですが、何とか電話占いの占い師として働くことが出来て良かったです。現在は子供も大きくなって店舗での占いに戻ったのですが、夜の少し遅い時間などには電話占いもしています。占い師の募集に応募したのは良い経験だったと思っています。

 

占い師になるための道

占い師になるには、大体3つの道があります。1つは有名な占い師の師匠に弟子入りをする方法。2つ目は就職先を斡旋してくれる占い師の専門学校に通い、授業を修了して就職先を見つける方法。3つ目は独学で占いに関する勉強をして、鑑定スキルを身に付けたあとに占い師の募集、所謂求人に応募することです。
一番簡単なのは専門学校に通い、就職先を斡旋してもらうことですが、普段働きながら占いのスキルを身に着けたい方にはあまり向いていません。有名な占い師の師匠に弟子入りするのは、占いスキルを身に付ける上でもとても良い事だと思いますが、弟子を募集している占い師の方を探すのも大変ですし、一人前になるまでは下働きのような状態で、向上心がないと続けるのが大変だと聞きました。私もそうでしたが、独学で占いについてを学んだあとに就職先を探すのには本当に苦労しました。多数の占い師の募集に応募しましたし、店舗の占いだけではなく電話占いやメール占い、ホームページでの占いなど様々なジャンルの募集に応募してきました。私はたまたま大手の電話占いサイトの募集に受かることが出来たので、現在多くのお客さまと出会うことが出来、占い師の仕事を続けることが出来ていますが、それまでにたくさんの努力をして、経験や実績を積む必要がありました。
占い師の募集に応募するだけでも占いスキルを見られますし、働き続けるにもどんどんと腕を上げていく必要があります。お客さまとのコミュニケーションも大切になりますし、一般常識やマナーだけでなく、流行りのものから専門知識まで、たくさんの情報を収集する必要もあります。占い師の募集に応募したら終わりだと考えず、働き始めた後の事までも視野に入れて、どのような道から占い師になるかを決めるのが良いのだと思います。